松田学の書籍・論文・コラム紹介


書籍

いま知っておきたい「みらいのお金」の話
【いま知っておきたい「みらいのお金」の話】

2019年|著者:松田 学|出版社:アスコム
金融、経済、情報セキュリティの専門家に教えてもらいました。この本は、投資指南書でも技術解説書でもありません。これからやってくる社会で上手にお金を稼ぎ、使うための入門書です。お金について考えることが絶対楽しくなる一冊!

アマゾンへ


米中知られざる「仮想通貨」戦争の内幕
【米中知られざる「仮想通貨」戦争の内幕】

2019年|著者:伊藤 秀俊 、松田 学|出版社:宝島社
課題先進国Japanが再復活する為の解決の糸口を「政府暗号通貨」「東京クリプト金融特区」「クリプトキャッシュ」の融合スキームで提示しています。国際経済、米中の覇権争い、暗号解読、日本の未来、仮想通貨、ブロックチェーンなど、関係する人はもちろん、政策担当者から学生まで必読の一冊です。

アマゾンへ


サイバーセキュリティと仮想通貨が日本を救う
【サイバーセキュリティと仮想通貨が日本を救う】

2018年|著者:松田 学|出版社:創藝社
各国政府の二極化に加えグローバル展開するデジタル化を強化したプラットフォーマーが圧倒的競争優位を獲得した状況で、課題先進国 Japan が再復活する為の解決の糸口を「政府暗号通貨」「東京クリプト金融特区」「クリプトキャッシュ」の融合スキームで提示しています。関係する人はもちろん、政策担当者から、学生まで必読の一冊です。

アマゾンへ


国力倍増論-もう大丈夫と言われる国にしたい
【国力倍増論-もう大丈夫と言われる国にしたい】

2014年|著者:松田 学|出版社:創藝社
いまの日本に必要なのは、経済だけでなく国防力、人材力、国際的な発信力などを含めた全般的な国力倍増です。経済財政から外交・安全保障、統治機構の改革、自主憲法と、およそ国政の万般にわたって「保守」の立場から政策体系を組み立てる基礎的な論点を整理しようとしたものです。

アマゾンへ


ニッポン興国論
【ニッポン興国論】

2012年|著者:松田 学|出版社:kkロングセラーズ
30年後の日本の未来像を大胆に描こうとした本です。経済、財政、社会保障、医療、農業、エネルギーなど、30年後の日本の興国への道を論じてみました。

アマゾンへ


TPP興国論
【TPP興国論】

2012年|著者:松田 学|出版社:kkロングセラーズ新書
世に横行するTPP脅威論の誤解を解きながら、TPPに向き合うことでこれを強い日本をつくるチャンスに変えることを提案し、農業や医療などの各分野の未来設計を論じつつ、日本らしい日本の国づくりに向けた本格的な議論を呼びかけています。

アマゾンへ


永久国債の研究
【永久国債の研究】

2009年|著者:松田 学|出版社:光文社
公的部門のファイナンスのあり方として、債務だけではなく、エクィティー(株式のような考え方)を導入してはどうかという提案を中心に、新しい財源調達論を提起しています。

アマゾンへ


競争も平等も超えて-チャレンジする日本の再設計図
【競争も平等も超えて-チャレンジする日本の再設計図】

2008年|著者:松田 学|出版社:財経詳報社
国家戦略形成の方法論に即して、日本の全体システム再設計を試み、その設計思想のもとに、医療システム、地域再生、国家目標としての活力ある超高齢化社会、国の行政や公務員、官も民もともに支える「公」(パブリック)の設計など、各分野のあり方を骨太に論じています。

アマゾンへ


論文・コラム

政策科学学会誌、機関誌「大樹」、「新政界往来」誌には毎号、論文等を寄稿。エコノミスト誌、Willなどオピニョン誌等、これまでも幅広く雑誌等に論文記事の掲載実績。