夢の持てる国へ

松田学:松田政策研究所代表、元衆議院議員


来たる参院選で真の民主政治に向けた
歴史的転換を果たすために

私、松田学は、来たる7月の第26回参院選において参政党より全国比例に立候補しており、ここ数か月、街頭演説や集会などの活動で飛び回ってきましたが、戦後初めて、国民運動の盛り上がりによる真の参加型の民主政治が始まりそうな勢いです。
5月に開催された参政党の政治資金パーティー「イシキカイカクサミット」ではチケットが通常通り2万円であるにも関わらず、動員もせずに、5,000 人以上が参加、これも動員などしていない日頃の街頭演説でも、1,000 人超えが何度も起こる盛り上がり方です。
私が神谷氏とで二年前に結党した参政党の党員党友も、参院選の公示日である6月22日までの時点で5万人を超え、一日 1,000~1,500 人ずつ増加している状況が続いています。
今度の参院選では、私を含めた5人の全国比例候補者(松田学、吉野敏明、赤尾由美、武田邦彦、神谷宗幣)が立つ予定ですが、全選挙区(地方選挙区 45)に候補者を立てることになりました。これは国政に初めて挑戦する新党としては前例がないと思います。総勢50人の立候補を可能にしたのが、広く国民から集まった数億円にのぼる寄付です。当選すれば自分の最大の仕事は次の選挙という職業政治家ではなく、志と使命感に溢れた普通の国民が普通に国政に出る仕組みを持つ政党として、良い人に選挙に出てもらうには、党が供託金と最低限の選挙費用を負担しなければなりません。これは、「公認を受けたいならおカネを」という例が多い他党とも異なる点です。
党員たちも、候補予定者たちも、いわゆる職業政治家とは異なる、ごく普通の社会人や主婦の方々です....

松田政策研究所動画チャンネル

松田学を中心に「リアリズム視点」でお届けする番組です

松田学の書籍・コラム紹介

財務官僚の頃から政策提言を中心に上梓している著書のご紹介

これで日本は大丈夫!
どうする経済・・・
これで日本は大丈夫! どうする経済・エネルギー・皇室伝統
  •  ← ご購入はこちら

日本をこう変える
世界を導く・・・

日本をこう変える 世界を導く「課題解決型国家」の創り方
  •  ← ご購入はこちら

新型コロナ騒動の
正しい終わらせ方

新型コロナ騒動の正しい終わらせ方
  •  ← ご購入はこちら

新型コロナが本当に
こわくなくなる本

新型コロナが本当にこわくなくなる本
  •  ← ご購入はこちら