ホームに戻る松田まなぶのプロフィールはこちら松田まなぶの政策についてはこちら松田まなぶの事務所についてはこちらリンク松田まなぶへのお問い合わせはこちら
「松田まなぶ」から皆さまへメッセージ

 暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。
前衆議院議員の松田まなぶです。

 7月の参院選では自民党が勝利をおさめ、安倍政権は4度の国政選挙を経て国民からの信認を確固たるものにしました。
いよいよ長年にわたり先送りされてきた日本の諸課題の解決が、保守政治の立場から進められる体制が盤石なものになったと期待しております。
そのなかにあって、私は今回の参院選の全国比例に自民党からの公認を得るべく、昨年より尽力し、「自民党オープンエントリー」では一般国民からのネット投票で第三位の上位得票者として党より公表されるに至りました。

 しかし、この枠の中からは公認は第一位の1名のみとの仕切りの中で、最終的に公認を受けるには至らず、参院選に出ることは断念した次第です。
応援していただいている皆さまには、心からお詫び申し上げます。

 ただ、日本が次なるステージへと力強い歩みを進めていく上で、私が国政の場で実現しようとしてきた理念や政策は、ますますその出番が近づいてきたものと信じます。
アベノミクスは経済成長の必要条件として正しいですが、大事なことは、それを成長の必要十分条件に近づけるために何を組み合わせていくかであります。

 これは経済を超えて、国民が未来への確信を持てるよう国の大きな方向を描き、それを実現する具体的な仕組みを組み立てるという、まさに政治にしかできない大作業だと思います。
日本は21世紀の国際社会でどのような存在を築くのか、世界最大の対外純資産に象徴される潜在的な国力を私たち自身の豊かさや社会保障などの安心のためにどう抽き出していくのか。

 私は「日本新秩序」という言葉で、新しい国づくりの構想をあたため、現職の衆議院議員のときに保守政治の立場からこれを実現する仕事を開始しておりました。
国民が納得できる国家経営を確立し、縦割りで硬直的な諸制度を超えて社会システムを国民本位のものへと組み替える仕組みを構築する。
やるべきことはたくさんあります。

 国政への次なるチャンスを期してまいると同時に、今後ともできるだけ多くの皆さまと交流し、知恵を出し合っていければと思っております。
当面は、引き続き赤坂に事務所を置きつつ、いくつかのシンクタンク等にもお世話になりながら、活動を組み立ててまいります。

 なお9月から、リスク管理全般を扱う新設の社団法人「日本危機管理推進機構」の理事長にも就任予定です。
今後、私の状況や活動等につきまして適宜ご案内させていただきます。

 変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
皆様のご健勝とますますのご繁栄をお祈り申し上げます。

                          松田まなぶ